家を買い替える強い味方「買い替えローン」

現在の住宅を売却し、新たに住宅ローンを組んで新居を購入されたい方へ

住宅ローンを組んで住宅を購入したものの、色んな理由で「買い替えたい」と思う事はあります。しかし、

 

 

 

先にローンを返して新居を探せば良いのか、新居を探してからローンの事を考えれば良いのか、初めての場合は中々分からないと思います。

 

 

 

ここでは、そんな貴方に少しでも参考にしていただけるよう、代表者が「実際に経験した」買い替え事例を基に、一通りの流れを簡単にご説明させていただいております。

 

 

 

スムーズでトラブルのない、ストレスフリーな買い替えを行っていただきたいので、是非ご一読下さいませ。

 

 

 

なお、実際には「物件や貴方の状況によって」非常に個別的となりますので、実際に進める場合は、是非個別にご相談いただければ幸いです。

 

 

 

①買い替えの場合、まずは「現状」を把握しましょう。

 

 

 

買い替えを行う際、まず大事になるのは「現在の自宅の状況」です。名義は誰(単独所有?共同所有?)になっているのか、残債(住宅ローンの残りのお金)はいくらなのか、そして

 

 

 

現在の自宅、売却するとしたら「いくらくらい」になるのか。

 

 

 

現在の自宅の状況は、すぐに分かりますね。名義人が誰かなんかは分かってますし、ローン残高も、銀行からの償還表を見れば分かります。また、銀行に問い合せれば確実に分かります。問題なのは

 

 

 

「現在の自宅の価値」です。こればっかりは、ご自身で算定するのは非常に困難で、やはり「不動産業者」に査定して貰う事が一番でしょう。

 

 

 

②現在の状況が分かれば、次は「どれくらいの住宅なら購入出来るのか」を算出しなければなりません。文章では難しいので数字を使います。

 

 

 

例えば貴方が1500万円のローンを抱えているとします。そして自宅の売却額を計算した所「1200万円程度」と算出されたとします。となると

 

 

 

1200万円-1500万円=300万円となり、自宅を売却しても、現在のローンを返すためには「300万円」の追加金額が必要になるわけです。ここで

 

 

 

「300万円位、貯蓄の中からバーンと出してやる!」という羨ましい方の場合は、それで話は終了です。

 

 

 

売って、ローンを返して、また新たな住宅購入に備え、フツーに住宅ローンを組めば良いわけです。が。

 

 

 

「300万円なんて、いきなり言われても払えない!(払いたくない!)」という、私のような方の場合は、自宅を売っても新しい家は買えず、路頭に迷う事になります。

 

 

 

いや、なりません。「買い替えローン」を使えば。

 

 

 

 

「買い替えローン」とは、各金融機関で取り扱いの仕方は若干異なりますが、どんな金融機関でも、フツーに対応してくれます。簡単に仕組みをご説明致します。

 

 

 

 

先の例の場合、「300万円」というのが「普通の住宅ローン以外に必要な金額でした。分かりやすく、実例でいきましょう。

 

 

 

 

今回の場合、新しく欲しい家が「2200万円」だったとしましょう。通常なら2200万円の住宅ローンを組めば購入出来るわけですが、先の住宅ローンを返さなければいけません。

 

 

 

 

さすがに二つの住宅ローンを抱えていると、金融機関は中々融資してくれませんので。(よっぽど高収入の方は別)

 

 

 

 

なので今回の場合は2200万円+300万円=2500万円

 

 

 

 

という事で「2500万円」の住宅ローンを組めば良いわけです。こうすることによって、2200万円は新規住宅の費用にあて、300万円は旧自宅の住宅ローンの返済(抵当権抹消)に充てられます。

 

 

 

 

まあ今回は単純化の為「諸費用」は無視してますが、それでも同じ事です。例えば今回の売買に要する諸費用が200万円なら、2500+200で2700万円のローンを組むわけです。

 

 

 

 

諸費用としては、旧住宅を売却する為の「仲介手数料」、その他銀行への「違約金(繰上返済の為)」、それから新住宅の方の仲介手数料や融資手数料などですね。

 

 

 

 

と、ざっくり書きましたが、買い替えの場合は「手続きのタイミング」と「実際に現住宅が(いくらで)売れるのか?」が重要になります。

 

 

 

 

一種の

 

 

 

「緻密な職人芸」「軽業師のような手練手管」

 

 

 

 

が必要になる場面もありますので、買い替えの場合は、是非信頼して相談出来る不動産業者をお選び下さいませ。

 

 

 

 

最後に、今回の事例では新規住宅ローンが「2700万円」を想定していますので、「この金額を借りられるだけの状況にあるかどうか?」も重要になります。

 

 

 

 

やはり、事前にご相談いただくのが一番早道と思いますよ。