新築と中古どちらを買う?その違いを知ろう

購入2-1

家選びで誰しも悩むのが、新築住宅にするのか中古住宅にするのかということです。

 

 

購入価格としては当然中古住宅の方が安いのですが、その分建物が劣化しているかもしれないし、地域のルールが煩雑そうだし……と、あれこれ調べるほど心配事ばかり増えて、余計に混乱してしまいます。

 

 

心配事ばかりが増える一つの要因としては「情報不足」があります。ネットでの情報は「玉石混交」で、正しくない情報も多くあります。

 

 

また、実際に新築を建てたり、中古住宅を購入した方の話を聞けたとしても「その人の場合はそうだったが」という特別な事情も多くなりますので、中々直接の参考にする事は難しいです。

 

 

重要なのは、基礎知識としての新築と中古の違いをしっかりと理解し、そのうえで具体的に一物件ずつ検討することです。

 

 

そのための「基礎知識」として、三つの違いをご紹介します。

違いその1:情報収集の方法が違う

初めて物件を探す人はあまり知らないことが多いのですが、新築住宅と中古住宅では情報収集の方法から異なっています。新築住宅はモデルハウス、中古住宅は実物を見ることで、実際の住宅のイメージをつかみます。

 

 

新築の場合は、まずインターネットや雑誌を介して情報を収集し、いくつか候補を選びます。その後、モデルハウスに出かけて実際の住宅のイメージをつかむことになります。中古の場合は、同じくインターネットや雑誌で情報収集するのに加えて、不動産会社に希望条件の物件を探してもらうように頼むことができます。その後、候補に挙がった物件の場所へ現地見学に出かけます。

 

 

新築と中古のどちらにしても、実際の住宅のイメージをつかめると、判断に役立ちます。ただし、新築物件のモデルハウスは、実際の物件とは間取りや外観などが異なっていることもあります。

 

 

中古住宅の場合は、実際の物件を見られるのでモデルハウスのような「実物との違い」は問題になりませんが、古い分「性能を把握する為の資料」がないというケースがほとんどです。

 

 

また、売主が居住中のまま売り出されている物件は、内見に制限がつく場合があるので、事前に確認が必要です。

違いその2:物件価格は当然中古住宅が安いが……

購入2-2

新築と中古の違いとしてもっとも分かりやすいのは、物件の価格でしょう。当然中古住宅の方が安いのですが、いくつか注意すべき点もあります。

 

 

まず、新築と中古の価格差は立地によって異なるということです。郊外の方がその差は大きくなりがちです。言いかえれば、郊外の方が中古物件の資産価値の下落率が大きいということです。

 

 

物件価格を考えるのであれば、現在の(購入時点の)価格だけではなく、将来の資産価値も考慮したいものです。

 

 

郊外物件を購入する場合は、現在割安に感じても、将来の資産価値が大きく下落する可能性まで考える必要があります。将来年齢を重ねてから、利便性のために都市部に戻ってくることまで想定して、郊外の中古物件を購入すべきか判断するとよいでしょう。

 

 

住宅は、お金さえ掛ければより良いモノに成長していきますが、地域については、我々だけの努力ではどうにもならない事が多いからです。

違いその3:地域への関わり方

新築と中古だと、物件のある地区のコミュニティーに対する関わり方や感じ方が異なってきます。

 

 

新築マンションの購入や、新しく売りに出された分譲地に住宅を建てたケースを考えてみましょう。この場合、自分だけではなく近隣住民の多くも「新参者」です。入居時期の近い「同期」ということで、一体感が生まれやすくなります。

 

 

集合住宅や地区のルールにも、同じペースで慣れていく(似たような失敗をするかもしれません)ために、共通の話題も持ちやすく、コミュニティーの中で疎外感を持つ可能性が低くなります。

 

 

一方で中古物件の場合は、自分だけが「新参者」となる事が殆どです。慣れるまでが少し大変ですが、積極的に溶け込む姿勢を見せれば問題ないことがほとんどです。

 

 

すでにあるコミュニティーですから、現地見学のときにそのコミュニティーの雰囲気をチェックすることもできます。転入者に不親切、ルールが厳しそうなど、ネガティブな要素が見られる場合は、条件と照らして候補から除外することもできます。これは中古ならではのメリットと言えます。