住まいを売る契約の流れ

買換えなどで住まいを売却する際の流れ、手続きについてのポイントを紹介します。

1.依頼する不動産会社を選ぶ

自宅を売却する場合、自分自身で買手を探すこともできますが、希望価格で売却することは難しく、かつ重大なトラブルが発生する可能性が高いので、極力やめておかれた方が良いと思います。

 

 

 

例えばですが、私自身も「自分の家」を売る時は、必ず「他の不動産業者」を立てると思います。

 

 

 

理由としては、「売主と買主」は利益が相反するので、間に入って上手く調整してくれる人がいないと、良い話も壊れてしまう事が多いからです。

 

 

 

なお、住まいを売却する際、不動産会社に依頼するメリットとしては以下のような事があります。

 

 

 

■広告やネットを通じ、広く買手を探してくれる。

 

■価格や税金、取引の流れなどについて、広くアドバイスを得ることができる。

 

■トラブルを回避出来る。

 

 

 

不動産業界には「買いは物件・売りは人」という言葉があります。

 

 

 

不動産を購入したいなら物件を選べ(当たり前ですが)、不動産を売りたいなら人(担当者)を選べ。という意味です。

 

 

 

不動産をいかに納得の行く形で売却するか。これは、いかに「信頼できる不動産会社(担当者)を選択できるか」が最大のポイントになると思います。

2.不動産査定

不動産を売却する際はまず「この不動産にどれだけの価値があるのか?」を調べる事が重要です。

 

 

 

どうせ売るのなら「出来るだけ高く売りたい!」と思うのが人情ですが、そうも行きません。

 

 

 

貴方がモノを買うときは「出来るだけ安い方が良い!」と思うでしょう?少なくとも

 

 

 

「妥当な価格で買いたいな」と思うはずです。

 

 

 

 

なのでまずは「この不動産はどれだけの価値があるのか?」を査定して、それから「いくらで売るのか?」を考えなければならないわけです。

3.媒介か買取りか

査定を行ったら、次は「媒介か買取りか」を検討しなくてはなりません。

 

 

 

媒介とは、不動産業者がその物件を扱い、広く販促活動を行って買い手を探していく事です。価格を設定し、

 

 

 

「この価格で買う人はいませんか?」と探していく形ですので、必ずしも買い手が見付かるとは限りません。

 

 

 

時間が掛かるかも知れません。

 

 

 

時間が掛かるだけなら良いのですが、売れない可能性も、勿論あります。

 

 

 

 

一方、買取りは、不動産業者自身が買い手となり、貴方の不動産を自分自身で買い取る形となります。

 

 

 

 

先の形(媒介)と違う所は、「この金額で必ず買います」という形になる所です。

 

 

 

 

「いつ売れるのか?本当に売れるのか?」という不安がないので、精神的にはとてもラクな不動産売買と言えるでしょう。

4.売買契約

媒介の場合は、買い手が見付かってから「不動産売買契約」を締結します。

 

 

 

見付からなければ、ずっと締結出来ません(笑)

 

 

 

 

不動産業者買取りの場合は、貴方と不動産業者との間で「不動産売買契約」を締結します。

 

 

 

不動産という財産は一つとして同じものがなく、かつ、取引の内容についても「売り手と買い手」の合意が優先されますので、ここで簡単にご説明する事は難しいです。

 

 

 

不動産業者からしっかり説明を聴き、分からない点は遠慮無く質問して、トラブルが起きないような契約を締結して下さい。

5.物件を引き渡す

不動産売買契約を締結し、即時引渡しという事もありますが、基本的には双方の準備がありますので、二週間~一ヶ月後位を目処に「引渡日」を設定する事が多いと思います。

 

 

この際、買主は代金を支払わなければなりませんし、売主は所有権移転の為の書類を準備して、買主の登記手続きに協力しなければなりません。(登記費用は買主負担)

 

 

 

なお、場合によっては「先に代金決済、引渡し(鍵の受け渡し)は後日」という事もあります。

 

 

 

先に書きましたが、不動産売買は「こう!」という絶対の形があるわけではありません。

 

 

 

 

売主買主、双方の都合を確認し、双方それで納得すれば、それで良いのです。

 

 

 

 

しかし「双方納得」というのが中々難しいです。そしてこの点こそが

 

 

 

 

「不動産業者の腕の見せ所」と言えるかも知れません。